Position

Image photo

山手線内側

都心エリアの豊かさ

東京都の約3%(※1)の面積しかない、
首都東京のあらゆる都市機能が詰まった山手線の内側。
そして、新宿御苑に神宮外苑、赤坂御用地など、都心屈指の広大な緑に彩られる都心エリア。
「ルジェンテ新宿御苑前」は、山手線内側の希少性と都心エリアの豊かさを
兼ね備えたポジションに誕生します。

立地概念イラスト

武蔵野台地の東に建つ

東京23区の地形は大きく分けて台地と低地に分けられています。
東京23区のおよそ西半分を占める「武蔵野台地」は10万年以前に
形成されたとされる台地で、平均的な概ねの標高は約20m。
一方、低地は一万年以前に形成された地球の歴史的には割と若い
地形となります。「ルジェンテ新宿御苑前」は、この武蔵野台地
の東、四谷方向へ緩やかに下っていく手前の関東ローム層が厚く
堆積した平坦なエリアに位置しています。

高低図

高低図

標高地形図

※1 約3%の表記は、山手線内側の面積約65km²を東京都全体の面積約2,188k m²で割り出した数値を四捨五入したものです。
※掲載の立地概念イラストは周辺の立地を概念化し、イラストで表現したもので、地形・建物の大きさ・距離・周辺の緑地との関係性などは実際とは異なります。
※掲載の高低図は周辺の立地を概念化し、イラストで表現したもので、地形・建物の大きさ・距離・周辺の緑地との関係性などは実際とは異なります。
※掲載の標高地形図は周辺の立地を概念化し、イラストで表現したもので、地形・建物の大きさ・距離・周辺の緑地との関係性などは実際とは異なります。