DESIGN

外観完成予想CG(眺望合成)

  • 寛ぐ新宿に映える、
    私邸としての意匠

    外観のファサードデザインは、表情の異なるベージュ系の45二丁掛タイルをベースに、 濃茶系のタイルでメリハリを与えています。そこにバルコニーのガラス手摺の硬質な印象を加え、穏やかな中にも凜とした端正な佇まいが漂う装いとしました。また、角立地であるため4方向からの見え方にもこだわり、南面は縦ライン、北面は格子状のデザインとし、妻側となる東西面は、アクセントタイルを配置して壁面の表情が単調にならないように工夫しました。

    マテリアル写真・仕上げタイル写真

  • 外観完成予想CG

  • 外観のファサードデザインは、表情の異なるベージュ系の45二丁掛タイルをベースに、濃茶系のタイルでメリハリを与えています。そこにバルコニーのガラス手摺の硬質な印象を加え、穏やかな中にも凜とした端正な佇まいが漂う装いとしました。また、角立地であるため4方向からの見え方にもこだわり、南面は縦ライン、北面は格子状のデザインとし、妻側となる東西面は、アクセントタイルを配置して壁面の表情が単調にならないように工夫しました。

    マテリアル写真・仕上げタイル写真

都心ライフに欲しいマストポイント

「ルジェンテ新宿御苑前」では、角立地のメリットを存分に活かすため、
採光と風通しが魅力の角住戸率を高める設計を実現しました。
また、住戸フロアは内廊下を設計。開放感や明るさに加え、新宿という都心住居に相応しい
プライバシー性と快適さ、そして高級感を纏わせました。

北方向の眺望(13階相当)

南方向の眺望(13階相当)

基準階フロア図

  • 住戸フロアは内廊下を設計

    ホテルなどでよく見かける内廊下は、
    雨風にさらされず、外部騒音も届きにくい静粛さが特徴。
    外からの視線も防ぐためプライバシー性にも優れています。床には靴音を吸収するカーペットを敷きつめ、
    さらなる静音性と高級感を獲得しています。

  • 参考写真[ルジェンテ文京根津(分譲済み)2019 年 9 月撮影]

参考写真[ルジェンテ文京根津(分譲済み)2019 年 9 月撮影]

※1 販売対象住戸は56戸、うち角住戸は53戸。
※掲載のマテリアル写真・仕上げタイル写真は、使用予定のサンプルを2020年11月に撮影したものです。また、タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。素材は計画段階のもので今後変更になる場合があります。また、色合い等実際とは多少異なります。
※掲載の外観完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色味等は実際と異なります。なお、外観・内装の形状の細部、フェンス、照明、排水設備、室外機、雨樋、換気口、点検口、避難ハッチ等の設備機器、及び電線は一部表現を省略または簡略化しております。
※掲載の眺望写真は現地敷地内より13階相当の高さよりそれぞれ南方向、北方向を撮影(2020年9月)したもので、実際とは異なります。また、周辺環境は将来にわたり保証されるものではございません。
※掲載の基準階フロア図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。また、今後変更となる場合がございます。